Excelの数式で、複数条件の合計を取得する方法

Excelの数式で、複数条件の合計を取得する方法。
 
ひとつの条件であれば、「SUMIF」で大丈夫なんだけど、「条件A」かつ「条件B」を満たす場合の値の合計を求めたい、という場合は、「SUMPRODUCT」を使う。

「SUMPRODUCT」は、説明を読むと一見、積和を求める関数のように思えるが、使い方によっては、複数条件の総和を求めることが可能。

SUMPRODUCT((条件1)*(条件2)) とした場合、TRUE*TRUE=TRUEでこれ以外(TRUE*FALSE,FALSE*TRUE,FALSE*FALSE)はFALSEが返ります。 ここでEXCEL上ではTRUE=1,FALSE=0と置換が可能なため、条件にあった場合、1(件数)が加算されます。 SUMPRODUCT((条件1)*(条件2)*(金額)) なら条件にあった金額だけが抽出合計できます。(条件に合わない場合0倍されるので金額は0)

エクセル2000、2つ以上の条件で集計する関数

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!