さくっと企業分析するツールをGoogleスプレッドシートで作成する

graph-163509_1280

いろいろ調べ物をしようと思うときに、簡単に企業の売上や利益の推移を調べたいときがあります。調べようと思えばたくさん方法はあるわけですが、できるだけ早く確認して、グラフ化できるようにしようと思い立ちました。同じことを何回もやるなら、やはり自動化して効率化しなくては。

 

Googleスプレッドシートの関数で実現する

というわけで、Googleスプレッドシートを使って実現してみることにしました。Googleスプレッドシートは、ほとんどExcelと近いですが、以下の関数が用意されています。

Google スプレッドシートの関数リスト – ドライブ ヘルプ

 

この中に「GoogleFinance」という関数があり、マーケット情報や、それに紐づく企業情報を取得できそうに思えましたが、東証など日本市場には対応していないようで、断念しました。(為替レートなどは使えるようです。)

そこで、ImportHtml関数というWebサイトからデータを取得する関数を使って、日本のWebサイトから企業情報を取得することにしました。

 

日経のHPから企業の業績を取得する

データの取得元として最初に検討したのはYahooファイナンスでした。以下の記事を参考にしました。

Googleドキュメントの表計算で、為替や株価をオンラインで取得し、資産増減を自動計算させてみた – consbiol のエコ日記

ただ、取得したデータのうち日本語部分が文字化けしてしまうことと、3年分になってしまうのがちょっとなーと思っていました。他に手段はないかと諦めていましたが、日経のホームページが5年分のデータを公開していることを知ったので、こちらで試してみると、文字化けもせずうまくデータを取得できました。

具体的には、以下の関数を使うと業績を取得できます。

ImportHtml(“http://www.nikkei.com/markets/company/kessan/shihyo.aspx?scode=” & [証券コード],”table”,1)

正直、これだけです。ちなみに、引数最後の「1」が損益計算書、「2」が貸借対照表です。

 

試しに使ってみる

これで、証券コードを入力すれば5年分の売上高などの情報を取得できるようになりました。なので、例えばこのようなニュースを見たとします。

東京電力はことし9月までの中間決算で、福島第一原子力発電所の事故以降、半期として初めて経常黒字となり、黒字額は1100億円を超えることが分かりました。

東電の経常黒字 1100億円超 NHKニュース

そこで企業の業績を知りたくなったら、証券コードを入力するとこういうグラフが瞬時に作成できます。

 

概要を把握する上ではまず十分です。とても効率的になりました。ブログに貼り付ける場合も、グラフを公開すればすぐに貼り付けられますよ。

 

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!