ドラマ「半沢直樹」を見終わったら「ロスジェネの逆襲」を読もう

半沢直樹が最終回を迎えました。正直最初は観ていませんでしたが、周りから「面白い」という話を聞いたので、途中(第2部あたりからかな?)から観るようになりました。

著者の作品としては、過去に直木賞を受賞した「下町ロケット」を読んでいましたが、ドラマもその特徴が出ているなーと思いました。

ビジネス上のディテールもあるのですが、勧善懲悪でわかりやすいストーリーで、感情的に揺さぶられるエンターテイメントという印象でした。ビジネス小説となると、リアリティを追求する路線もあると思いますが、どちらかというとエンタメ色が強く、読みやすい感じです。

で、ドラマ「半沢直樹」は、役者も演技力高いし、面白いエンターテイメントでした。僕は銀行出身じゃないので、どこまでがリアリティなのかはわかりませんが。

最後の終わり方からすると、続編である「ロスジェネの逆襲」は映像化されるのでしょう。この「ロスジェネの逆襲」は、先に原作で読んでしまいました。こちらも面白かったです。簡単にいうとIT企業の買収劇なのですが、いろいろ劇的な展開が続いてくるので、一気読みしてしまいました。

エンターテイメントとして楽しいし、熱い気持ちで仕事しようという気持ちにさせてくれるので、個人的には好きですよ。倍返しはしないけど。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です