古いiMacを快適に使い続けるためのメモリ解放アプリ

iMacを使っていますが、型番はMid2007で既に5年以上は経過しています。やはりコンピュータの類は時間が経つとどんどん性能が落ちたりするものですが、いろいろ駆使して未だ現役です。

というわけで、古いiMacでも快適に使い続けるためのアプリについて書こうかと。

 

前提:メモリ増設済み

アプリの前に、iMacのメモリは増設済みなことが前提にあります。
iMac(Mid 2007)のメモリを増設したよ | Synapse Diary

最初は1GBでスタートしたけど、途中で結構遅くなってしまったので、最大である4GBまで増設しました。多分、そもそも増設していないと、今は耐えられてなかったと思います。

 

メモリ解放アプリは「MemoryMagic」一択

メモリ解放は重要です。いろいろ使っていると、メモリ量が枯渇して遅くなったりフリーズしてしまったりするので。いくつかメモリ解放アプリを使ってきましたが、このMemoryMagicが現時点で最強です。
Mac“最強”のメモリ解放アプリは『Memory Magic』だ! しかも今だけ無料! : tidestar

Memory Magic 1.2(¥300)
カテゴリ: ユーティリティ, 辞書/辞典/その他
販売元: Vlad Alexa – Vlad Alexa(サイズ: 1 MB)
全てのバージョンの評価: (20件の評価)

その前はMemory ScopeやFreeMemoryを使っていたんですが、MemoryMagicを試してからは、完全にMemoryMagic一択になりました。他と比べて何が良いかといえば、メモリ解放時の挙動です。

Memory Scope 1.04(¥300)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Bloop – giovanni simonicca(サイズ: 0.9 MB)
全てのバージョンの評価: (125件の評価)

FreeMemory Pro 1.8.1(¥200)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Rocky Sand Studio Ltd. – Rocky Sand Studio Ltd.(サイズ: 2.3 MB)
全てのバージョンの評価: (602件の評価)

Memory ScopeやFreeMemoryは、メモリの残量が結構少なくなってから解放するので、メモリ解放するときに毎回一定時間フリーズしてました。これは結構ストレスだったんですよね。なにせ古いiMacなので、メモリ解放の頻度も結構多いし。。。

でもMemory Magicは余裕があっても定期的にメモリ解放を行ってくれるので、フリーズなども起こらず、使いながら常にメモリに余裕を持ってくれる素晴らしいアプリです。

過去に無料セールだったときにダウンロードしたんですが、再度インストールするなら有料だとしても買うと思います。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!