一層KindleをヘビーユーズするChrome拡張機能

もう、Kindle本にいくら使ったのだろう。Kindleは快適になるかもなーぐらいの軽い気持ちで使い始めたけど、予想以上すぎてびっくりした。ってことを以前書いた。
Kindleが変える読書生活が楽しい | Synapse Diary

 

Kindleは本当に素晴らしいサービスモデルになっている。デバイスとコンテンツを切り離しコンテンツに流動性を持たせるとともに、同期などの一元管理を行うことで、顧客に快適な読書サービスを提供している。Kindleは単に書籍を電子版にしただけでもなければ、電子書籍端末を販売しているわけでもない。電子書籍というコンテンツを快適に提供するためのエコシステム全体を提供しているのだ。

と、Kindleを褒めちぎったところで、最近みつけたChrome拡張機能を紹介しようと思う。これらを使うことで、ますますKindleへの依存度が増している。

 

WebページをKindleで読む

パーソナルドキュメントのサービスも提供されていて、最近はこれを使い始めたら、一層Kindleを利用する機会が増えてしまった。WebページとかPDFでも、落ち着いた状況で読みたいときはKindleのパーソナルドキュメントに送っておくのだ。そうすると、あとでゆっくり読める。特に英語。英和辞書が使いやすいので。

Amazon公式の「Send To Kindle」がまだ日本アカウントに対応していないので、「Push to Kindle」のChrome拡張機能を使っている。Kindleに送りたいページでボタンを押せば良いだけなので簡単。

さちテク: みつテク:Web記事を本にしてKindleで持ち出そう!

さちテク: みつテク:Web記事を本にしてKindleで持ち出そう!

ほしい物リストからKindle版を表示する

Amazonのほしい物リストをよく使うのだけれど、今のAmazonのほしい物リストでは、紙媒体の本を登録してもそれがKindleに対応しているかはリストから直接はわからない。

しかし、この拡張機能を使えば、リストから一目でKindle版があるかどうかがわかるようになるので、ストレスが劇的に小さくなった。これで過去に登録した本がKindle化されてもすぐにチェックすることができる。

人を幸せにするサービスを提供する capybala.com-カピバラドットコム- » 【Chrome拡張機能】「Find eBook Edition」

人を幸せにするサービスを提供する capybala.com-カピバラドットコム- » 【Chrome拡張機能】「Find eBook Edition」

恐らく、今は電子書籍が増えている過渡期なので、こういう機能が必要になるのだろう。今後、出版と同時に電子書籍も販売されることが普通になったり、Amazonがほしい物リストの改善を行えば、不要になると思われる。

 

こんな感じでKindleにどんどんはまってしまう自分が怖い。とりあえず、本を読む時間が足りないと思っている人はKindle試してみればいいのにな、と思う。

 

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です