Gumroadで写真販売を試してみる

全然タイムリーじゃないけど、超お手軽というGumroadでコンテンツ販売を試してみることにした。

販売するまでの流れ

アカウントを作るには、FacebookかTwitterに登録するだけ。メールアドレスからでもできるけど。その後は、販売したいリンクを設定するかコンテンツをアップロードして、金額決めて登録するだけ。本当にこれでおしまい。なんてお手軽。

販売するのはFlickrのSetにした。岐阜に来てから撮影した風景写真100枚以上。まだストックはあるので、買われるようであれば、次の展開を考えようかな。

注意したのは、ちゃんと商用利用できるライセンスにすることと、完全なオープンではなくGuestPassでアクセスする形にしたこと。(Flickrのライセンスはもう一度確認した。商用利用可能で、クレジットだけ必要な形にしました。)

Gumroadの欠点は、リンクがばれてしまうと無料で取得できてしまうこと。一度きりのURLなどではないようなので。

 

あと、Gumroadでこのようなリンクがブログに貼れるコードも簡単につくれる。

岐阜の風景写真

興味ある人はぜひ買ってみてください。

Gumroadで感じるネット販売の今後

感想としては、あまりにもお手軽過ぎてびっくりした。アカウント作成から販売リンクができあがるまで、1分ぐらいですよ。大げさじゃなく。個人がコンテンツ販売する敷居を低くしたのは間違いない。

ただ、恐らくプラットフォームとして信用を勝ち取るまでには至らないだろうと思う。やっぱり不正利用などのコントロールが十分じゃないから。でも、そもそもそういうことを想定していないんだろう。GumroadはTwitterやFacebookのアカウントと紐付くので、Gumroadがプラットフォームになるというよりは、TwitterやFacebookに紐付くことで個人に販売ツールを提供する位置づけかな。

こういうサービスは、Paypalという少額決済の仕組みがあるから成り立つのだとも言える。

 

今後電子書籍も普及してくるだろうし、独自コンテンツをPDFで売るとか、自前の音楽を販売するとか、いろんなやり方が考えられるなあ。

 

今回試すにあたって参考にさせていただいた記事。
話題のGumroadで売られたものまとめ – NAVER まとめ
Gumroadを試してみました « 広島のホームページ制作や広告デザイン、写真撮影など|NOBUSUE.COM
出品者がブログ内に決済ウィジェットを表示できる「Gumroad modal」が登場 | crocodile notebook [ 鰐ノート ]

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です