今更ながらCSSフレームワーク「Bootstrap」がすごい

前から存在は知ってたけど、実際に試してみたらやっぱり便利だし、見た目もきれいに仕上がる。久しぶりに、SocialRSSを修正しようと思って、ふとこれまで使っていたBlueTripからBootstrapに切り替えてみようと思ったら、短時間でできた。

 

そもそもCSSフレームワークとは

CSSのレイアウト定義が予めされていて、グリッドを使ったレイアウト構成やテーブルデザインなど、基本的なデザイン要素が簡単に使えるようになっているもの。そのまま使う場合はデザインにある程度制約が入るものの、基本的なデザイン要素が既にあるので、開発が速い。

 

Bootstrapとは

Twitterが公開しているCSSフレームワーク。もともとはTwitterが社内で利用していたものをオープンソース化したもの。

Bootstrap, from Twitter

ライセンスはApache License 2.0。利用や配布に制限はないが、ソフトウェアなどにApache Licenseであることを記載する必要がある。実際BootstrapのCSSファイルをダウンロードしてみると、最初にApache Licenseであることが記載されている。

参考:Apache License – Wikipedia

 

Bootstrap適用結果

修正前のSocialRSSはこちら。

 

導入した結果はこちら。デザイン的にもすっきりした。デザイン変更の所要時間も1時間ぐらいかな。

 

あと、このサイトでデフォルトじゃないデザインに変更した。これも、CSSファイルを置き換えるだけなので、すごい便利。

Bootswatch: Free themes for Twitter Bootstrap

 

Bootstrapの学習はドットインストールで

参考にしたのは、ドットインストール。ここのメニューにBootstrapがあったので、これを見ながら、いじりたいところだけ効果的に学習できた。すごい助かった。

3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト – ドットインストール

最初の使い方を学ぶんだったら、これで大体OKな気がする。たまにしか開発しない人にとってはありがたい。

 

あと、最近読んだ「小さなチーム、大きな仕事」を参考に、不要というか自分が要らないと思う機能とか要素は削った。自分が使いたいサービスにしたいし。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です