プレゼン資料を作る人のためのリファレンス

プレゼンテーションの技術」の前シリーズ。

まさにプレゼン資料を作る人のための本。プレゼンに書くチャートは、あくまで伝達手段であり、重要なのは、「何を伝えたいか」というメッセージを明確にすることだ。

5つに分類した使用方法があり、それに適したチャートを作るのだ。チャートのパターンがものすごくたくさん登場して、参考になる。

ネタが豊富に書かれているので、 今後資料を作るときに迷ったら、時々参照しよう。類似書を見かけないので、こういう本は貴重だ。

ついでにこういうのを見つけたので、メモ。結構頭痛いこと書いてありますね。 惰翻 – プレゼンをイカす10のtips

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です